「芸能人は政治的発言をするな」ではなく「芸能人は嘘を拡散するな」が正しい

芸能人や有名人がSNSなどで政治的発言をして炎上することがあります。

そんな際に「芸能人は政治的発言をするな」「いやいや、誰だって発言する権利はあるので芸能人だって発言しても良いだろ」というような議論がありますが、これは圧倒的に後者が正しいと思います。

もちろん芸能人や有名人というのは一般人とは全く異なる「稼ぎの構造」をしていて、すなわち「好感度や印象といったものをお金に換える」という構造をしていますので、何か明らかに偏った政治的発言をして好感度が下がり、結果的に稼ぎが減ってしまうということは有り得るかも知れませんが、それは本人がそれで良いのなら本人の勝手なので本人の責任で発言すれば良いだけの話です。また好感度を下げるきっかけとなる発言は別に「政治」に限った話でもありません。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

普通に政治的発言をしているだけなのに炎上しているようなケースは気の毒に思う一方で、「これは大炎上しても当たり前だろう」と思うケースもありまして、それは、

「政治に関する”嘘”の情報を引用したりリツイートしているケース」

です。

これも政治に限った話ではありませんが、「嘘」の情報は原則的に「世の中に広めたらダメ」なのであって、「知らなかった」で済む話でもありません。

そして、そんなことをしてしまえば批判されるのは、芸能人や有名人に限らず一般人でも同じなのですが、一般人と比べて芸能人や有名人の発言というのは極めて多くの人々の目に触れるので、当然ながら批判する人の人数も多くなり「大炎上」となるのだろうと思います。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

私の個人的な考えですが、引用した情報が間違っていて「知らなかった」で済むケースは、いわゆる報道記事の引用のみと思っています。