「フリーランスで一人きりで仕事」をしていると「変なストレス」が無くなる

私(中年男性)はフリーランスとして一人きりで仕事をするようになって十数年になります。

自宅の一室で一人きりで仕事をしているので、サラリーマンの時と比べて通勤が不要であるとか、無駄な会議が無いとか、そういった「自分で無駄だと感じていた時間や労力」が不要になるという点は、自分のストレスが軽減されるという面で非常に大きな利点です。

そして、もう一つ大きな利点がありまして、それは「全ての事柄を全て自分で決断出来ること」です。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

例えば取引先から仕事を受注すると、実務の内容に関してとか、もしくは納期のこととか、更には値段のことまで、それらの交渉を全て自分一人で行うことになります。

相手が嫌がるかも知れないな、ということであっても、言うべきことは言って通すべき筋は通しますし、逆に折れるべきは折れます。それを全て自分の裁量で決めている訳です。

自分を通し過ぎれば次から仕事が来なくなるかも知れませんし、逆に折れ過ぎたら売上が下がる(時間あたりの単価が落ちる)かも知れませんし自分のモチベーションの維持も難しくなるでしょう。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

家族(妻と子供)が居ながら、そのようなことを全て自分で決断してお金を稼いでいく訳ですから、プレッシャーを全く感じないと言えば嘘になりますが、それよりも「変なストレス」からの解放感のほうがはるかに大きいと思います。

すなわち、サラリーマン時代には「同僚のミスや知識不足を補う為の残業(大半はサービス残業)」とか、「金額(予算)や納期に非常に無理のある仕事」とか、他にも色んな事柄により多大なるストレスを感じていた訳ですが、そのようなストレスは全て「なんで同僚はもっと勉強しないのか」とか「なんで営業はもっと仕事を選ばないのか」とか、そういう感じで「他者を批判する形のもの」であった訳です。

それが現在では全ての意思決定を自らで行っている訳ですから、時には自分の判断ミスで苦しかったりもするのですが、「自分のせい」なので反省はしますがストレスは感じない訳です。

そういう部分が「自分には合っているな」と常々感じています。