惣菜コーナーの「ポテトサラダ」に「愛」はあるか

はじめに

ツイッター発で「ポテトサラダ論争」が起こっているようです。

高齢男性が、総菜コーナーでポテトサラダを買っていた幼児連れの女性に対して、「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」と言い放って立ち去った光景を目撃したことを述べたツイートをきっかけに、主に「そもそもポテトサラダって簡単に(手間なく)作れるのか」といった観点から論争が起こっているようです。

どちらにしても、この高齢男性の行動は好ましからざる振る舞いであるというのは、多くの方々の一致した意見のようですし、私のその通りと思います。

手間に感じるか否かは個人の感性により様々に違いない

ポテトサラダを手作りすることが手間だと感じるか否かは、個人の感性により様々であるのだろうと思います。

そもそも料理が好きな人なのか、好きではないが必要に応じてやっている人なのかでも感じ方は大きく違うでしょう。

多種多様な考えの人たちが集うこの世の中で、「手間だ」「いや簡単だ」と白黒つけることに大した意味はないと、個人的にはそのように思います。

私は食べなくなった

私(中年男性)は独身の時は惣菜コーナーのポテトサラダを普通に食べてましたが、結婚してから徐々に食べなくなりました。理由は単純で、妻の手作りのポテトサラダのほうが随分美味しく、両者には相当の差を感じる為です。

妻に作ってもらったら美味しいものを、敢えてそれより美味しくない「出来合い」を買って食べることに抵抗を感じて、食べなくなった訳です。

是が非でも妻に作ってもらう、という訳ではなく、事情により買って食べる場合は、ポテトサラダ以外の「そこそこ美味しいと感じるもの」を買えば済む話です。

美味しい総菜もある

例えばトンカツなら、これも妻の手作りのほうが美味しいのですが、総菜コーナーのトンカツでも結構美味しいものもあります。そういった総菜はトンカツ以外でも多数ある訳です。

もっと言うと、「これは妻の作るものより美味しいかもなぁ」とか、「こんなものは家では実質的に作れないだろうなぁ」というような美味しい総菜も中にはある訳です。

せっかく買う訳ですから、出来るだけそういったものを買おうと意識しており、すなわち「妻に作ってもらったり、もしくは自分で作るものより、明らかに美味しくない」総菜は出来るだけ買わないようにしている訳で、そんな中の一つがポテトサラダなのです。

手作りしない人は「愛」が足りないのか

とあるテレビ番組で、とあるアナウンサーが、総菜よりも手作りのほうに愛を感じる、というような発言をしたとかで、それも記事になっていました。

言いたいことは分かりますが、そのように感じるのか、それとも「食べ物が手作りか総菜かなんて愛の深さには関係ない」と感じるのか、これも「人それぞれ」としか言いようがないように思います。

また状況によっても「手作りではなく総菜」の意味が変わってくるでしょう。例えば私の場合で言えば、この数年間の妻は息子の部活の付き添いに忙しく(息子は主力選手だった)、更には(既に亡くなりましたが)近くに住む私の病気の母親の看病などもしてくれていて、それで時間に追われて「総菜」が増えたとしても、こんな状況で「愛が無くなった」とか思う訳が無い訳です。

ただ、私自身のことは良いのですが、息子には出来るだけ手作りのものを食べて欲しいと私自身が思っているので、自分でも作れるレパートリーを増やして、妻と息子が部活で遅く帰宅する日は私が出来るだけ手作りしていました。

おわりに

冒頭で述べた高齢男性の行動は「色んな人が居るので多様性を認めよう」では済まされないほど「人間としてダメな行動」であると思います。

一方でポテトサラダを作るのに手間を感じるか否かや、もしくは「総菜より手作り」に愛を感じるか否かなど、本当に「人それぞれ」で良いと思います。

フリーランスは「自由を謳歌する」だけでなく「備えに対する自己責任」も必要

新型コロナに関連したニュースで「フリーランスの人は収入が途絶えて大変だ」みたいな記事をよく目にします。

確かにサラリーマン等とは異なり、フリーランスの場合は仕事が無くなると、その途端に「収入がゼロ」となりますから、大変と言えば大変です。

ですが、フリーランスというのはサラリーマン等と比べて「組織に縛られない」という意味での「多大なる自由」を手にしている訳ですから、それに比例して「もしもの時の際の備え」に対する自己責任の度合いが大きくなるのは当たり前の話です。

先ほど読んだ記事のケースでは「年収600万円台で約10年」も続けているフリーランスのケースでしたが、それでも新型コロナで仕事が無くなった途端に貯蓄が底をつきかけて「困窮」しているということだったのですが、約10年もの間、何も備えをしていなかったのかと、非常に疑問に感じました。

いや、フリーランスを始めたばかりのケースであっても、サラリーマン等からの転職の場合は転職前に一定の備えをしてからフリーランスとして開業すべきでしょう。

「学生の起業」の場合だけはどのように対処すべきか分かりませんが(自分に経験が無い為)、最初は普通に就職してサラリーマン等になり、それを踏まえて独立開業してフリーランスになるケースであれば、開業前に一定の備えをしておく必要がありますし、また開業後も常に「もしも」の時のことを考えて「備えの積み増し」をすべきと思います。

それは「過度の自己責任論」でもなんでもなく、普通の大人として、「組織に縛られない自由な生き方」を自ら積極的に選ぶ者としての、当たり前の「責任」であると思います。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

私(中年男性)はサラリーマン経験を経て、独立開業してフリーランスになり十数年が経ちますが、上で述べたようなことは常に意識していますし、実際に明日から収入がゼロになっても、妻と子と三人で贅沢しなければ、少なく見積もっても一年は生活していけるだけの貯蓄を残してあります。そしてそれは収入がゼロとならない限りは「虎の子」として死守すべき対象なのであって、贅沢等の為に費やすことはありません。

「収入の割には色んな支出を抑えている(ようは高価なものを買ったり贅沢な外食や旅行などをしない)」という感じで過ごしていますが、「自分の自由」と「家族の生活」を両立して守る為ですから当たり前の話だと思っています。

新型コロナなどの非常事態がなくても、単に自分が病気になって入院でもすれば、何ヶ月という単位で収入が途絶えることがあっても不思議でもなんでもない、というのがフリーランスという立場です。

そして、そのような自己責任を背負ってでも、それでも捨てがたいと感じるほどの「多大なる自由」を実感できるのがフリーランスという立場であると感じています。

不倫をする人の「言い訳」にはウンザリする

たまにネット記事で「不倫をしている女性」(匿名)のコメントなどを見ることがあります。

例えば、夫との関係だけだと息が詰まるが、不倫をすることによって自らの心が安定して夫婦関係もむしろ良くなっている、だとか、

例えば、子供のことを考えると離婚は出来ないが夫から心は離れているので、すなわち子供の為に仕方なく夫婦関係を続けている訳だから、不倫はしても当然だとか、

「よい大人がそこまで都合よく自己弁護出来るのか!」

と呆れてしまいます。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

男女を問わず、「不倫なんて犯罪(刑事罰のある行為)ではないし、するもしないも人の自由なので、私は不倫してます!」と言っている人のほうが、随分マシな気がします。何故なら「人のせい」にはしておらず、「自ら主体的」な思考となっている為です。

逆に先述したような、「むしろ良好な夫婦関係を続ける為に」とか、「子供のことを考えると離婚できない」とか、これって不倫という「自らの享楽」の為の言い訳に配偶者や子供など「家族」を持ち出している訳ですから、私の個人的な印象ですが「大人として相当恥ずかしい」というレベルだと思います。

そんなことを改めて思いました。

「10万円をゲットする為に新型コロナにかかりたい人」と「#宇都宮」

東京・新宿区で新型コロナに感染した人に見舞金として10万円を支給すると決まったことを受けて、

「わざと新型コロナに感染して10万円を貰いたい!」

と考える若者が出てきたというような内容の記事を読みました。

若者は重症化する確率が低いから自分が感染しても重症化しないと高を括っているのでしょうが、「もし重症化したら」と恐れを抱かないものなのかと率直に思います。

詳しく知りませんが普通に考えると、医療従事者など「高い感染リスクから逃れられない人」が不幸にして感染してしまった場合の「見舞金」なのだろうと思うのですが、そのような立場の医療従事者に「更なる負担」をかけてでも自ら積極的に感染して「10万円をゲットしたい」なんて考えている訳ですから、

『自己チューが極度まで行き着いた成れの果て』

という風に感じてしまいました。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

が、それは単に「私の個人的な感想」なのであって、ルール違反でない以上、「ルール上許される範囲で何をやっても個人の自由だろ」と考える人が居ても、それを否定することは出来ないな、とも思います。

思えば、立憲民主党の枝野幸男代表なんて公党の代表であるにも関わらず、都知事選の投票当日に同党が支援している宇都宮けんじ氏の苗字の「#宇都宮」というハッシュタグでツイートをしながら(投票当日の選挙運動は公職選挙法で禁じられている)、「これは宇都宮市の餃子に関するツイートなので問題ありません」というスタンスである訳ですから、その「己に最も都合よく解釈した、思慮深さを一切感じさせないような立ち振る舞い」は、「10万円をゲットする為に新型コロナにかかりたい人」と大差は無いように感じました。

「いい歳をした公党の代表」でさえもそのような立ち振る舞いの人が居るような現代社会ですから、「10万円をゲットする為に新型コロナにかかりたい若者」が居ても不思議でもなんでも無いのだろう、なんて感じた次第です。

自分の頭でしっかり考えないと、何も成功しない

いわゆる「うまい儲け話」には騙されない、という人が多いのだろうなと思っています。

しかし、そういった直接的な儲け話ではない「うまい話」というものも、世の中には多数あるように思っています。

例えば「こんな資格を揃えていると転職が上手くいきます!」とか、

例えば「こんな話し方をしていれば仕事が上手くいきます!」とか、

例えば「こんなコーディネートをしていれば婚活が上手くいきます!」とか、

世の中にはそういった類の話で溢れています。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

資格なんて、相当に公的なものは別として、「そんな資格があるなんて知らなかった」と多くの人が思うようなマイナーな資格を無作為に多数持っていたところで、それが転職に有利に働くなんて考えづらいように思いますし、

話のプロになれるほど話術が上達すれば別でしょうが、「日常会話のちょっとした工夫」程度で差が出るような仕事なんてそうそう無いような気もしますし、

結婚すれば何十年も一緒に過ごす訳ですから、婚活なんて相手のコーディネートなんかよりも「相手の中身」を重視するに決まっています。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ただ、マイナーな資格であっても転職に役立つケースは皆無では無いでしょうし、日常会話の上達が仕事の上達に繋がるケースだってあるでしょうし、婚活の場でコーディネートが役立つ時もあるでしょう。

肝要なのは、人の言葉に流されて「〇〇には××が役立つのか!」と思考停止的に何かを学ぶのではなく、自分の頭でしっかり考えて必要な何かを学ぶという姿勢が大切であるということです。

「〇〇には××が役立ちます」という誰かの言葉に接する分には全く問題ありません。それを聞いた上で、自分の頭でもしっかり考え、それを取り入れるべきと思うのなら取り入れれば良いし、自分の状況に当てはまらないと思うのなら聞き流せば良い訳です。

自分にとって困難な事柄であるほど、失敗しても失敗してもひたすら自分でしっかり考えながら改善するということを続けないと、成功には結びつかないのだろうと思います。

そんなことを改めて思いました。